読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しばき隊カメラマン島崎ろでぃー は、フリーター

沖縄・高江の現場にいたカメラマンは、ある日突然逮捕された。狙われた「報道の役割」


12月8日、不当逮捕を「取材・報道行為に対する侵害」として訴えていたカメラマンの島崎ろでぃーが、沖縄での
勾留期限を終えて東京に戻って来た。いったい、彼はなぜ逮捕されたのか。取調べでは何があったのか。不可視に
されていたジャーナリストの拘束事件を改めて検証する。

11月16日朝6時45分。アルバイトに行こうとアパートから外に出ると、声をかけられた。「もう、出て来たのか。
早いな」。神奈川県警の警官だった。家宅捜査の令状を見せられた。

 

http://korocolor.com/news/%E8%B5%A4%E6%97%972016%E5%B9%B42%E6%9C%889%E6%97%A5.jpg

 

有田芳生 梁英聖『日本型ヘイトスピーチとは何か 社会を破壊するレイシズムの登場』 – jinken.site

沖縄平和活動家のヘイトスピーチ 差別禁止用語 – shakaishimin

ヘイトの事前規制を求め報告書 川崎市の人権施策協議会 – 人権や